TOP » 暴落したときが買い時

暴落したときこそが買い時

暴落しないとは限らない

ビットコインやリップルといった仮想通貨が世界中の投資家に注目されてます。値上がりの幅が非常に大きくどの通貨の国であっても売買できるため投資に利用できるようになっているからです。日本では大手の家電量販店でビットコインによる料金支払いが可能になったことから、これからも様々な実店舗で仮想通貨が使えるようになる可能性が高いことも投資先や資産の預け入れ先として注目されている要素になっています。

ではビットコインやリップルといった仮想通貨は暴落する危険性がまったくない安全資産なのかというと、決してそのようなことはありません。現に2017年の夏にビットコインは分裂騒動を起こし通貨価格が大暴落したという事件が発生しています。国が発行している通貨もその国に関する重大な事件が起きれば価格が乱高下するように、仮想通貨もいきなり価値が変わる可能性が高いということも記憶しておくべきなのです。

ただしビットコインやリップルは暴落したときこそが買い時だとも言えます。外貨も同じですがずっと値下がりや値上がりが続くということはなく、数年単位で揺れ戻しのように価格が推移します。長期的に投資に当てられるお金があるようなら、仮想通貨に日本円を変えておき長い目でみて投資をするというのもいいでしょう。