TOP » Googleが出資

ビットコインとGoogleが出資したリップル

グーグルが出資

ビットコインは仮想通貨として高い知名度がありますが、Googleが出資したリップルも仮想通貨として、現在、人気が高まっています。どちらも実際の紙幣やコインがあるわけではなく、取引した時にオンライン上にデータだけが記録されるのが特徴です。お店のサービスや、通販サイトで物品の購入に使うこともでき、さらに取引所で短期売買を行えば、その差額が収益となります。特にリップルは、基本的に価格変動が少ないとされていましたが、実際には日々変動しています。ただし注意点として、使えるサイトやサービスは急増していますが、まだ対応していないサービスもあるので、注意が必要です。またコインの上限量には違いがあり、ビットコインの上限は2100万枚ですが、リップルの上限はそれよりかなり多く、1,000億枚となっています。しかもビットコインは、採掘されることで0枚から上限値に近づいていきますが、

リップルの場合は初めから上限枚数が発行されており、利用するたびに消滅していきます。つまりオンライン上でトランザクションが起きると、枚数が減少するのが特徴です。このトランザクション・プロトコルは、カナダのウェブ研究者によって開発されました。

仮想通貨