TOP » 決済 送金

ビットコインとリップル 決済

ビットコイン

ビットコインとリップルによる決済方法の違いは、直接的か間接的かという点にあります。ビットコインは仮想通貨なので直接的に決済手段とすることができます。リップルは仮想通貨ではなくシステムの名称です。システム内で使用できるXRPという仮想通貨が存在します。送金したいと思う者はゲートウェイと呼ばれるシステム上のサービス提供業者に現金など資産を預けます。ゲートウェイはIOUを発行します。IOUは借用証書のようなものです。預けた現金などの資産を引き題したい者にシステムを通してIOUが送付されます。預けられている資産を引き出すにはIOUをゲートウェイに提出します。この間接的な送金システムを利用するとXRPが消費される仕組みです。

ビットコインには明確なシステムの管理者が存在しませんが、リップルには存在します。一般的にビットコインのような仮想通貨のシステムはボランティアによる管理維持業務が行われ、その報酬として新規通貨の発行を受けます。一方管理者が存在するリップルではボランティアによる管理維持業務は不要です。新規に通貨の発行を受けたい場合には、国際的な社会貢献ネットワークに参加する必要があります。同じ仮想通貨でも管理者の有無や、決済方法に大きな違いが存在します。

ビットコインとリップル 送金

ビットコイン決済

ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる技術が使用されている仮想通貨です。ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、取引の記録がネットワーク上に分散して存在します。各ブロックには暗号化された取引情報が記録されています。新規の取引が行われた場合には追記されますが、追記の作業には既存の記録と新しい記録の照合が必要です。照合を行うためには暗号の解読が必要となります。このブロックチェーンを利用したシステムの維持管理業務はマイニングと呼ばれ世界中のボランティアによって行われます。ボランティアはマイニングの報酬として新規通貨の発行を受けます。ビットコインは仮想通貨としての情報がネットワーク上に分散して存在しており、世界中のどこへでも直接的に送金できます。

リップル自体は仮想通貨ではなくXRPと呼ばれる仮想通貨を使用して送金を行うシステムです。ビットコインには特定の管理者が存在しませんが、リップルには存在します。ブロックチェーンとは異なる分散型台帳技術が使用されています。また管理者が存在するためマイニングが行われることはありません。新規通貨の発行を受けるためには分散型の社会貢献プログラムに参加します。送金したい者は管理者に円やドルなど資産を預けます。さらにXRPを使用すると管理者はIOUを発行します。IOUは借用証書や小切手のような機能を持っており、お金を引き出す側にシステムを通して送られます。送られてきたIOUを管理者に返すことで間接的に資産を受け取ることができます。